ご予約お問い合わせ
03-6455-7638

心身症

心身症とは、「身体症状・身体疾患において、その発症や経過に心理社会的因子が密接に関与し、器質的・機能的障害が認められる病態」とあります。身体症状・疾患などの身体面だけではなく、その背景にある心理社会的な側面や、こころと身体の相互作用をベースにして、心-身を統合的に考察する全人的医学である心身医学を基礎としています。様々な要因によって引き起こされる心理社会的ストレスは、自律神経系、神経内分泌系(特に視床下部-下垂体-副腎系[HPA axis])、免疫系などを介して身体症状に結びつくと同時に、身体状態もまた認知や情動などのこころ(脳)の状態に影響を与えられそれらが相互に作用しあいます。

症状

  • 過敏性腸症候群
  • 機能性ディスペプシア
  • 本態性高血圧
  • アトピー性皮膚炎
  • 頭痛(筋緊張型頭痛、片頭痛など)
  • 疼痛性障害

こうした病気は内科の疾患と思われていますが、心療内科および精神科領域の病気の可能性があります。